暗黒物質の要らない宇宙の話とかね。
宇宙ものに興味のない人はスルーして下しゃんせ。暗黒物質の事だったりするので。


はぁぁ。なんかこう、いそがしくて。仕事は毎日残業だし、家に帰るとばったん、きゅー。
そんな日々でもおかやどかり眺めてれば、それなりに何とかなる人だからいいんだけどねー。

そんな日々で待望の日曜な今日、アマゾンから届いていたものの、開けてなかったモンスターハンタ−2をやってたり。うわぁ、これヤバいよ、おもしろすぎるー。でも今までとレシピとか違うしフィールド違うくて全然わかんない。なんて新鮮!やっぱ新作はこうでなきゃねーっ。Gとかみたいなバージョンアップ版は要らないですよ。うんうん。

 さらに久々にネットも見て回ってたり。ろくに見てなくて、見たいとこいっぱいあったりしたから。
そのなかでも宇宙好きとしてはH2Aロケット関係は読まなきゃねー、と思って検索してて、こんな記事を発見。


暗黒物質のいらない重力論

 暗黒物質って何かっていうと(リンク読んでもらった方が早そーだけども)、銀河の質量って、そのままだと計算があわないんだとか。それをつじつま合わせるのにいわれてるのが暗黒物質。

 物質っていうものは当たり前だけど質量を持ってて、それに比例して引力(重力場)をもってる。そのお互い引き合う力が物を形成して、一所に留めてる。銀河っていうのもそういった「ひかれ合う力」が渦巻いたのだから(ちょっとロマンチックでしょ)、その重力の量を逆に辿れば(ひかれて渦巻く銀河の渦の流れを見れば)その銀河にある物質の総量もわかるって寸法。

 でもその計算だと、普通に光で(広域での光学的にね)確認できる物質は計算上の一割とかいわれてて、知られてる10倍くらいの物質がないとおかしいんだとか。
 実際の話、星の位置を計測する上で、天体から飛んでくる放射線は近くにある天体からの重力にひかれて、湾曲する。けど、そういった高重力を出す物がないのに曲がってくる物もあって、そういうのもあいまって「物質が全て可視だとは限んないじゃない?」て話になって、光だとかそういうのを全て反射しない物があれば説明がつく、と証明というより「仮に置いとくね」とされてきたんだよね。
それで「光を吸収するような物質、暗黒物質(ダークマター)とでもいうものがあるのではないか」って今は考えられてる訳で。

 だけどボクも含め、みんなあるって思ってて。どうやって存在を確認するのかを色々想いを巡らしたものだった。

 ただぶっちゃけていうと、昔は光が何を媒介するのかがわからない、としてエーテルって仮想粒子を考えてたのと同じく、暗黒物質っていうのも眉唾だよなぁ、て思う人もいたみたい。
でも、だからといって否定するだけの理論が思いつかない、ていうのが今の実情だったんだね。それを「こうすれば、暗黒物質なくても行けるじゃん」て今回考えたひとが出て。

 この修正ニュートン力学の発展バージョンだとかいうのは「速度が極端に遅くなれば加速度と力は比例しなくなる」として、「そうなれば銀河系外周の渦巻く速度から算出される質量自体が間違いなんじゃないの」てことになって、無理矢理質量のつじつま合わせに暗黒物質を置かなくてもいいってことになる。


んー、数学とか苦手なボクにはそーなのかなー、と思うしかないっていうか、実際どうなんだろ。なんかこの話だと、それだと他の事にひずみも出てきそうな気もするんだけど、ムムム。


 でもこの話、本当に証明されたのなら、すっごいさ、「わぁぁぁぁ」て叫ばずにはいられないすごい事だよ?でもテレビとか見ててもニュースで全然見ないんだけども。

 ベベチオのモモンガって歌の一節に「宇宙の話をしようとすると、キミは・・・ひらりと躱して」っていうのあるけど、興味ない人にはそんなに興味のない話題なのかなぁ。そのくせ、みんな相対性理論とかはすごいとか表面上は口にするんだから、なんか寂しいなぁ。

 事件、事故、偽造、汚職、そういうのってすごく報道すべき大切な事だとは思うけど、本音はキャッチーだからしてるんじゃないの、て斜に構えてみてしまう。

 真実をばらまく事と同義で、夢を伝える事もまた大切。だからね、日本代表、まだまだ応援するぞーっ!!
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-02-19 22:26 | 宇宙&SF
DS liteなグダグダ話
ニンテンドーDSに新しい本体がでるですよ。3/2だとか。

カラーは三色(大雑把にいうと白と薄いエメラルドと濃い紺色)。
軽いし、小さくなった。
バッテリーのびてる(dsが最長10時間でLiteは19時間)。
値段は16800円とそれなりに安い(1800円DSより高いけど)。
何より、本体のデザインがかなりマシになってる!

いいなー。ほしいなー。


 てなわけで?ちょっとDSな話をグダグタいってみよう。

携帯ゲーム機でPSPとニンテンドーDS、どっちがよさげかっていうと、やっぱDSかなーって思う。
やってみたいゲームはやっぱ断然DSのほうが多いし、むしろPSPはやりたいものを探すのが難しいくらい、びみょーだったし。
DSは斬新で新しいオリジナルタイトルが目白押しなのに、PSPは移植とかばっかで、それならPS2でするなぁ、てものばかりだし。

でも去年11月、迷いに迷って買ったのはPSP。なんでかっていうと、モンスターハンターポータブルがでたから。「それも移植じゃん」ていわれたら、うん、そーなんだけど。PSOとモンハンだけは移植でも何でも、ほしくなるのは仕方ないのです。好きなものは好きなのだ。

けどあの大きくて重たいPSPで音楽聞きたいとも映像見たいとも思わないので(iPodでいいし)、どこいつとモンハンP以外、やりそーもないなぁ、なんて。


DSを選ばなかった最大の理由は「いぁ、みためかっこわるいし」だったりもして。液晶の割りに無駄に大きいサイズ、前時代的なデザイン。
一応、社会人としては「どんなにいいものでもデザインの悪いものは買いたくない」て意識が働く訳で。おもちゃだけどさ、あそこまでおもちゃ然としてるのはどうだろう、みたいなね。

それで今回のDS liteはデザインがいいってこともないけど(PSPみたいに所有欲を駆り立てられたりはしないよね)全然問題ないレベル。これならかえるー。


何気にスペックなんかを調べてて、気になったのが液晶。DSが半透過反射型、Liteが透過型。・・・どう違うの?ちょっと検索してみた。

んーと、それによると液晶は室内光とかの光を反射させてみるもの(反射型)と、液晶の後ろ側から光を照らして(バックライト)光らせてみるもの(透過型)があって。

反射型だと暗いとこだと見えないし、透過型だと電力が必要。それでマジックミラーな仕組みで半透過反射型ていうのがあって。いいとこどりなんだとか。

・・・あれ、じゃぁLiteは透過型だから電力多く必要なんじゃ。と、思ってると、スペックのところに輝度がかえれるって書いてある。どうも輝度しだいでバッテリーの持ちも違うみたい。最短だと5時間。DSより一時間短くなる。
んー、でも太陽の下の昼間でも見ようとしたらそういうことも選択肢にはほしいよね(そういうとこでするシチュがボクにはないけど)。室内だと輝度下げれば良いだけだしね。
それに、たぶん輝度をあげるためには半透過だと難しいのかな。


3/2か。どうしようかな。その日はちょうどDSの聖剣伝説かぁ。・・・なんかゲームばっかしそうでだめだなぁ^^;でもほしい♪
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-02-14 01:50 | ゲーム
せっちゃんの白黒盤
 「この人はいつまでも変わらないんだろうなぁ」って、思える人。「いつまでもきっと、そこにいてくれそう」って、思える人。けっこーアーティストでは少ない気がする。

 当たり前だけど人間年とるし、考え方も変わってきてしまうし、売れたら売れたで、売れなかったら売れなかったで、やっぱ変わってしまう。バンドとかなら尚更にそういうものだとおもう。

 いままで大好きだったバンドが解散したり、プチ引退して復帰したら取り返せなくなってたり、好きだった人の方向性が変わってしまって好きでいられなくなったり。

 けどねー、いつまでたってもこの人はこの人のままで、いつ聞いても安心できる人、そういう人も勿論いる。サザンの桑田さんとか、スタレビとか、浜省とかってそうだよね。あまり知らないからいうのもなんだけど、きっとさだまさしとかさ。

 そういう重鎮な大御所ーなひとはともかく。ボク的に「昔っから聞いてるけど昔っから本質は全然変わんないなぁ」て、安心できるのが、斉藤和義。うん、せっちゃんはきっと次の10年もせっちゃんのままな気がする。

 せっちゃんの曲は男の手料理みたいな感じ。鼻歌まじりにチャーハンつくってるみたいなさ。だからときどきびみょーなのもあるけど、すっごい美味しいときがある。シェフ顔負けな、ね。でもどんな仕上がりのときでも、「うん、せっちゃんだなぁ」て思わせてくれる、筋の通ったほっとできる味なんだよね。
 美味しいのが出来たらみんなに振る舞って、焦げたりしたら物思いにふけりながらテレビでも見つつ一人で食べてるって感じ。
 どの曲もすごく素直で、このひとは嘘つくときでも堂々と胸張るんだろうなぁ、って。思えるんだな。


 そんなせっちゃんのベストアルバムが去年の10月くらいに出て。それが「白盤」と「黒盤」。
以前にもゴールデンデリシャスっていうのを出してるんだけど、それはヒットナンバーっていうかシングル集めた印象。こっちの「白盤」と「黒盤」はせっちゃんが好きに色分けしたセレクション。

白盤は明るい曲。幸せの匂いがするっていうか。聴いててほっこりする。頬も緩むっていうか。
出だしからBaby,I LOVE YOUで幸せな気持ちはいきなり上に上に引き上げられる。

黒盤はどこか影のある曲。暗い曲っていうんじゃなくって、こう、ダウナーでシンカーで心の深いところにクるような。特に名曲、「劇的な瞬間」は黒盤の象徴って気がする。


 二つ一度に買うのもいいんだけど、どちらかにしぼる、とすれば、個人的には白盤がおすすめ。万人受けするっていうか、幸せな気持ちになれるし、一曲も微妙な曲がない。全てが名曲。黒盤は人によってはビミョーな曲も多いと思うんだよね。ボクもちょっとなーて思うのあるし・・・^^;

 白盤で隠れた名曲は「古い話」がもう、最高。遠回しな言い方だけどそれが解釈の仕方で色々な事に当てはまって、深いんだよねー。
 「昔この道は、広い海だった。とても、古い、話・・。」この出だしも「昔はあふれんばかりの愛情が二人には通っていた」ていう風に思うと、通じ合う、て事で道なんだな、て。

黒盤の隠れた名曲は「ドライブ」。こんなの寝る前に聴いちゃったら思わず布団跳ね上げて、駆け出したくなるよ。切ないけどやさしい、せっちゃんらしい曲。

 この二枚のアルバム、どちらもおすすめなんだけど、黒盤には「彼女」入れてほしかったな。新しめだけど「約束の十二月」も。

 それとこの二枚に足りないのといえば、せっちゃんのあだ名の由来になるようなアレ系な曲がスポイルされてる気がする。あれはあれでらしくていいと思うんだけどなぁ。たのしいし、どれもいい曲なのに。・・・でも一般受けはしないか^^;


 ともかくも。斉藤和義を始めて聴く人におすすめの二枚。特に白盤。これを聴いて斉藤和義を好きにならないなら、きっと他を聴いても同じだと思う。魅力がぎゅっと入ってるからねー。
 せっちゃんは曲のレベルに割とムラがあるから、好きな曲はもうたまんなく好きになれるし、「うわぁ・・・」とおもうのもあることもあるわけなんだけど、白盤は中々完璧。黒盤はそれなりにいい出来。黒盤はもうちょっとダウナーでよかったとおもうんだけどな。「何処へいこう」とか「海に出かけた」とか、ぎゅーって来るようなの混ぜて欲しかった気も。


 ケータイなんかにせっちゃんの白黒盤入れて。冬の町を歩くのです。それで夜気に酔いながら寒空に口笛吹いたりさ。「口笛吹いて歩こう。空には星が綺麗〜♪」って。
 ほら、あたたまってくるでしょ?
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-02-07 00:52 | 音楽&iPod
おかやどの遊べる海水浴
この前のおかやどかりのお風呂では喧嘩があったので、それを回避するべく、あたらしいお風呂を考える事に。やー、そりゃ傾く洗面器に小さな陸地一つじゃ、そりゃ喧嘩にもなるかぁ、今思うと。

 それで今度のお風呂は「遊べる海水浴」をテーマに。
それなりのスペース、動き回れるオブジェクト、なんとなく海っぽい感じ。

 それでつくったのが、こんな。
d0040834_2349364.jpg

タッパーの底に濾過砂利。そこに亀用の飛び込み台と、浮き島。

砂利を入れたのは「海っぽく」ていうのと、タッパーそのままだと滑って思うままに動けないからね。砂じゃなくて濾過砂利なのは水を汚さないため。さっぱりしたいしね、お風呂でもあるんだし。

 入れてる水はいつもの温めの温水に塩(ペットショップにあるカルキ抜きの出来る、海の塩ね)を混ぜたもの。熱いと茹だるし、冷たいと体に悪そうだしね、時期的に。

 全てそろえても1000円位だから、まぁそこそこかな。

 それで効果はというと。思うままに遊んでくれて、中々いい感じ。おかやどかりっていうのは何故か登るとこまでのボルト、崖と知ってても飛び込む(てゆか何故か落ちる)ので飛び込み台もなんだか楽しげ。浮き島ものってる子もいれば下から押して動かす子もいて、ふらふらして楽しそう。

 始めのうちは泳げないおかやどかりの事だし、水をいやがるのか陸地に上がるんだけど、そのうち水に潜ったまま動き回ったりじっとしたり、結構それなりの時間潜水が出来るっぽい。
 ただ鰓呼吸できない証拠に時折気泡がプカ、プカと出るので、そうなるといってる間に陸地に上がってくる。

 このタッパー海水浴場のメリットは洗うの簡単、そのあとそのまま置いとける、てとこ。タッパーだから蓋出来るしね。それでまた使うときに水を入れるだけ。うん、これは夏でも使えそうだ。


 そうして眺めてると「おかやどかりって海辺の生き物なんだなぁ」なんて当たり前の事を思う。だのに砂と木だけのテラリウムはむしろ不自然なのかもしれない。なんかね、水場にいてる方が彼ららしく見えるっていうか。

 んー、でも大きな水槽にこういう大きな水場をつくったとしても、いかなさそうでもあるんだけど。かれらってだらーんてするの、好きだもの。疲れる水場はねぇ。

 とはいえ、いちおうオカヤドハウス内にもそれっぽい場所をつくる事に。使ったものは石鹸置き。二十底になってて、上の蓋は水切りがついてて、下の器で水がたまる仕組み。それで下の蓋に濾過砂利を入れて、水の交換を怠っても水質が悪くなりにくくしてみたり(後ろ向きだなぁ^^;)。
 ここに湿度のための流木の切れ端と、梅の種の活性炭。この梅の種は2〜3ヶ月モツ、浄水効果のあるもの。何でもカルキを抜いてミネラルを足してくれるんだとか。中々良さげでしょ?
間違って食べないように、種も下の皿に入れとく。


 海水浴がストレスを少しでも和らげてくれたらいいな。この前のはストレスたまったろうしねぇ。彼らは結構繊細らしくて、ストレスたまりやすいっていうし。臆病な生き物は人間も他の生き物も、ストレスをためやすいものなのだ。

 それを眺めて、ボクもストレスケア。持ちつ持たれつ。そんなのがいいよね、どんな関係も。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-02-02 00:09 | オカヤドカリ
おかやどかりの感情表現?みたいなもの
土曜日は我が家のおかやどかり達にとって銭湯の日。潜ったりしてない子達は強制参加。海水(ぬる〜い塩分入りのお湯)につかってもらう。

 以前書いた通り、湯船に洗面器を浮かべ、それに海水を入れて、浮き島を置く、ていう簡単なもの。いままでのメンツだと浮き島にのって、ぼーっとする、ていうのがパターンだったんだけど。
 今回新参3匹加えて4匹でいつも通りのお風呂だった訳なんだけど、意外なことが起こって。

 真ん中の浮き島はひっくり返さないように重さのある陶器の小皿。湯船に浮かべている(水温が下がってしまわないようにね)のでその小皿が動くと洗面器が傾く。するとどざざざーってみんな転がされるんだよね。いぁ、もちろん小皿を動かしているのは他ならない彼らなんだけども。
 そうなると、大慌てで水の上を目指して、浮き島にみんな押し寄せる。そのときに他の子の上に登ったり、体勢を立て直す足がかりに他の子を転がしたりしてる。それで、しまいに裏返ってる子の上をいったりするもんだから喧嘩勃発。

 レスリングみたいに手四つでじりじり、と手を伸ばして向かい合って、触れるやいなや組んず解れつ、だったり。
 相手の上をとろうと寝技を仕掛けたり。ほんとにレスリングの試合みたい。怪我されてもヤなんで仲裁するものの・・・。また始めてるんだよねぇ、ほっとくと。

 それで威嚇のポーズらしきものもしてた。背を伸ばして、貝殻を小刻みにゆらしてた。2匹してたとこを見ると、やっぱそういう行動なのかなぁ。

 一度喧嘩をして興奮した子は、よそでまったりしてる子にもちょっかい出しにいったりして「これが脱皮の時期だと・・・」と不安な気持ちになったりもする。

 もう一つ面白い行動が、喧嘩してない子達は向き合って触覚をふれあわせてた。何度も、何度も。どこかで「コミュニケーションの一種」て読んだ気がするのを思い出して、これがそーなんだ、と感動。か、かわいい・・・。

 そう思うと今まで気づいてなかっただけで、彼らはもっと多くの表情を持っているのかも知んないね。
 一番笑っちゃったのが偏屈さんとこにあった「もたれかかっているようで、実はだらけているだけなのだ」ていう光景。だらーん、としてたり、体での表情はすごい豊か。
 ほんとみててなきないなぁ、キミ達は。

 彼らがミニ銭湯にいる間に、ボクは一足先に上がってケースの掃除。アイン、ツヴァイ、ドライは今までペットショップであまり食べてなかったのか、わずか一日でものすごい量のフンをしてて、目も当てられなくなってたんだよね。ケースの何処をみても糸くず上のものが散乱しまくってて、衛生的にも、美観的にもよろしくない。そうじそうじ。
 セパレート砂場のレイアウトにしてからというもの、掃除がらくちんで便利ー。

 お風呂から戻った彼らは、しばらく時間をかけて、行く前までいちいちに移動してた。トポフィリアでもあるのかな、どうにも、はやくもお気に入りの場所ってあるみたい。

 性格も少しわかってきた。アインは不器用で懲りないチャレンジャー。登り方(てゆかルート)とかで一度失敗したら違うルート探せばいいのに、なんどでもなんどでも挑戦してる。落ちる音がしたら十中八九アイン。

 ツヴァイは物怖じしないし喧嘩っ早いヤンキー肌。他の子らは基本的にヤドカリのいないところを選んでいくのに対して、ツヴァイは堂々とゼロの横で寝てたりしてる。お風呂ではゼロに喧嘩をしかけて、ゼロの反撃を受けてすこしおとなしくなったかも^^;

ドライは要領がいい。争いごとは避けてるし、安全なところを常に探して移動してる。みんなエサと水場の近い1Fにいる事が多いのに対して、あまり他の子のいない奥の砂場とかを選んでいってる。


 性格があるってことは人格(語弊あるかな)があるってことで、色んな事を思って色んな事を考えてるんだろうな。・・・などと思いつつ、眠気が。今寝たらすごい夢が見れそうな気がするんだけど、あふ・・・。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-22 02:32 | オカヤドカリ
おかやどかりを、もう+3
この前、ウノが亡くなってからというもの、ちょっとへこんでブログの書き込みどころかMacを立ち上げてすらなく。でもいつまでもウジってても仕方ないので、今日は意を決してみた。

 今日は帰りにペットショップローラー作戦を敢行。そのこころは「おかやどかり探し」な訳で。
家の近くのペットショップで扱っていたところは何処も、目を覆いたくなる無惨な状態(飼育してる人なら、わかるよね・・・)なので、帰り道のルートで寄れそうなところを寄ってみよう、と行動。

 ・・・一店目で発見。ええ、会社の一番近くのところで今もいたのね^^;。割と今でもちゃんとしてる店は扱ってるもんなんだなぁ・・・。てゆか、うちの近所の店々って・・・。

 みてみるとちびっ子達(Sサイズ。赤ちゃんサイズじゃない)とちょデカ達(XLサイズ)が結構いて。XLって始めてみて、びっくりした。卵の一番大きいサイズより、まだ大きい位。3000円近くしてた。すごい迫力・・・。ちょ、ちょっと飼ってみたいかも。いあいあ、水槽変えなきゃ無理そうだし、ちびっ子達と同居は無理っぽい。・・・てゆか自分で育ててみたいなぁ、ここまで。
 本当は少し大きい子(Mサイズっていうのかな)が欲しかったんだけど、やっぱ人気があるのか全くいない。なのでSかXLか。我が家の環境考えるとSだよねぇ。

 なのでSサイズの子を3匹。なんで3匹かっていうと、1匹280円が3匹なら750円で少し安いので、2匹のつもりだったけど3匹チャリン。
d0040834_21184098.jpg

左から、アイン、ツヴァイ、ドライ。
始めて飼った3匹がウノ、ナノ、ドス(姉に譲ったときにカリンに改名)。
次の飼ったのが、ゼロ。そう、数字なんだな。手抜きっていうよりか、思いつかなかっただけ;;
始めが数字だったので、伝統になったというか。なんて飼い主だよぅ(いや自分だし)。

この子らは始めての家て言う事で元気元気。

一方その頃、ゼロはというと。
d0040834_21295981.jpg

いつもどおり流木の裏側にぶら下がって寝てたり。・・・なんでこの子、こんな器用かなぁ^^;


 何かがあったときは、忘れるんじゃなくて、振り向くんじゃなくて、心に留め置くんだとか。その先でその事を活かせないなら、それこそその出来事を無碍にしてしまうし。
 この後、どうなるのか、楽しみなような、不安なような・・・。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-20 21:34 | オカヤドカリ
劇的な瞬間
んー。書くや書かないやでなんてゆーかもぅアレなんだけど、記録としても自分に対しても書かない訳にもいかないので。

 一番体の大きな暴れん坊、ウノが脱皮失敗で亡くなって。隔離後、砂から出てきてずーっと、砂の上で動かずにいて。日をまたいで、気がつけば脱皮中に失敗してたみたい。

 金曜の夜からさっき(日曜の夕方)まで遊びにいって、家に帰ってなかったんだよね。もちろんヒーターとかつけてたし水も大丈夫だし、エサも腐りにくいのにしてた。帰った時点でチェックした分には温度も湿度も問題なかった。
 だから環境は問題なかったはず。それに隔離してる以上襲われた事もないわけで。

 んー、だとしたら、「普通に」失敗したとしか考えらんないよね。てことは考えられるのは食事、なのかなぁ。いつもご飯の残りで、あげても平気そうなものと、ヤドカリのエサと、ポップコーンと、野菜(レタスとか。毎日何かしら入れてる)。正直ヤドカリのエサは全然食べてる気がしない。ちりめんの雑魚とかはさすがにそう頻繁に入れてなかった。亀のエサとかにある乾燥エビとかはかなりの頻度で入れてたものの。
・・・カルシウム?カルシウム不足だったのかな。てことはナノが失敗した事も?もしかして。・・・むぅ。

 人間の食事を与えすぎて成人病になる犬の話とかをふまえると、本当はヤドカリのエサとか中心にあげるべきだったのかな。ドッグフードで過ごす犬は寿命が5年は長くなるっていうし?

「みんなそうしてるからそれで平気」と思ってるところの、他の人が配慮している事の中にボクの与えていたものには失敗があったんだろうね、きっと。


なんにしてもウノがそうなってるときにボクは家にも帰らず遊んでて、彼がいつそうなったのかさえも知らないんだ、と思うと、なんだかな。


 なんにしても、こう、やだな、なんかね。もっと出来た人になりたいや。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-15 19:31 | オカヤドカリ
欲しかったMacの方向性、ソレジャナイロボー!?
インテル社のマルチメディア構想にアップル社が参加?(下 | Excite  

 この記事を要約するとインテルのマルチメディア構想Viivっていうのにアップルが参画するかっていう話なんだけど。アップルがPowerPCに見切りを付けてインテルのx36側にまわったのは(Macファンとしては悲しいけど)事実だし、その筆頭として今日から始まるエキスポでインテルマックが登場するんじゃないか、なんていわれてる。
 その時期、インテルのViivの時期、なんて事を考えると「Macminiが成せていないリビングPCへの道を造る役割を果たせるのではないか」なんて予想になるらしい。

 ・・・んー、そぉかなぁ。この記事でも書かれてる通りヴィーブってWinXPのメディアセンターをターゲットにしている気がするから、ただ参加するだけだと業界標準になった時点でWin側に対して大きな門を開くだけで、今までアップルが「Macの方が有利ですよー」て言ってた事(デジタルハブ構想とかね)を覆す手伝いをしてしまうだけのような気がする。OSにこだわんない人なら、どっちででも出来るなら使える周辺機器やソフトの多い方を選びそうなもの。

 だからアップルは今まで「Macだからこそできる」とか「WinPCもってるけどMacにかえたい」と思わせるような、スイッチの要因を多く用意しようと苦心していたはず。

 それにアップルがすすめようとしている道はMacを安価なセットアップBOX化してリビングに持ち込む事じゃなくて、「パーソナルコンピュータはリビングで(テレビやビデオなどの)他の代用品になるのではなく、そこにある機器達を統合して管理しうるものに仕上げること」なはず。

 そういった考えじゃないなら、とっくにiMacにTVチューナーやキャプチャーボードを乗っけてるはずだよね。この前のiMacにつけたリモコンの意味、アレはWin的なものと少しずれたところにある気がする。


そう思うと今回の噂は眉唾かなぁ。あたってたとしてもWin勢を出し抜くような周到な事をするはず。例えばヴィーブはPCもソフトも、ある程度の規定を持たせてはいても多数の企業がそれぞれバラバラに思い思いのソフトを作ってる感じがする(いいすぎかな)。アップルなら必要そうなソフトをひとまとめに用意して、今のiアプリみたいに連携させた使い方と統一されたインターフェイスで「Macでならよりシンプルでスマートに出来ます」みたいなことを言うのかもしれない。・・・んー、でも、他人の土俵でそういうやり方するのはどうにもジョブズらしくないような・・・。

 PowerPCにしてもOSのことにしても、古くからのMacファンが思う、Mac的なもの、という考え方はジョブズとは違ってる。彼は本当はMacがこうだ、なんてボクらと同じように思ってないもの、彼はNext(やOpenStep)を好きな人で、古くからのMacOSが消え去った事も、PowerPCへの愛着なんていうのも、元々あまりない気がする。だから今までの事は「ジョブズならしても不思議じゃないなぁ」て思えるんだけど、ヴィーブの噂は何かこう、しっくりこないんだよね。


 まぁそんなことはさておき、今年のサンフランシスコのエキスポでは何が出てくるんだろう。きっとまた「ああ、それともうひとつ」みたいなことでボクらを驚かせてくれるに違いないっ。去年のiPodシャッフルやMacminiより、どきどきさせてくれるのかな、どうなのかな。

 もしWinなひとでMacを知らない人が「どうしてMacを使い続けるのか」ときいたら、答えは簡単。「何故って、わくわくするような事が多いんだ!」って。使いやすさとかデザインとか、そういうのは当然だけど、それにもまして、なによりね。

 エキスポのサプライズはおもちゃの包装紙を開けるときの、中身を想像しながらどきどきするときのようなもの。わくわくする、こんなことがPCでボクは感じた事がないんだからしょーがないよね。


 今一番ジョブズには知られてはならないもの。それは太郎商店のコレジャナイロボだと思う。人生は甘くないと知らされなくても、Macユーザーは甘くないんだと日々自覚させられてるからね、今度の基調講演で「欲しかったのはこれじゃないロボー!」なんて叫ばなくてもすむように願うしか@@;。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-09 01:44 | Mac&PC
這い寄る混沌(大げさ)
 この間から紫の暴れん坊、ウノの様子がおかしい(気がする)。物陰、物陰に移動して、じっと動かない。動かなくなったのが正月初めだから、もう一週間。
ずっとそんな調子なんだけど、「見てないときに動いてるに違いない」と思い込んで、静観してたんだけど。

 今日、用事がなかったから昨日の夜からぼーっと観察してたけども、全く動いてる様子がなくて。それと不思議な事にゼロまでその隠れ場所に移動し、なにやらウノの貝殻の上に乗ったりしてる。

 ・・・なんか、デジャヴュ?前にもこんな事あったような?そういえばナノが脱皮を始める直前、妙にウノがかまいにいってたような・・・。


 そう思うと、どき、としたので急いで隔離小屋を用意。脱皮じゃないかもしれない。潜ってないし。体調が悪いだけかもしれない。でもぐったりはしてないし。
 だけど。気になったら即行動しとかないと、この前みたいな事になるのは、やなんだ、もう。
もし勘違いだとしても隔離する事で困る事もないはず。とりあえずそれで様子見る事にしてみよう。

 今回用意した隔離小屋は悪名高き(ごめ)マルカンのワイドビュー(中)なる飼育ケース。ここに砂を湿っているのと、乾いているものを半々にして入れてみた。砂質は珊瑚砂の細目。
d0040834_16593471.jpg

なんでかっていうと、湿度管理の問題が一つ。パネルヒーターで保温する加減、どうしても乾燥しがち。でも狭いケースだと水場が難しい。小さい水入れだと軽いから、ヒックリ替えしてしまう可能性があるし(過去、何度もやられたからね)。それに脱皮だとすると、水は要らない気がして。
 だからいっそ水場をなくして、その代わりに湿った砂を入れた。それで空気中の湿度も補われるはず。念のため、湿らせたスポンジも。水分補給はこれでも出来るらしいので(ヤド買った時店員がいってた・・・ほんとかは謎なんだけど)。

 もうひとつは、湿ってるくらいの方が潜るときに砂が崩れないから潜りやすいかな、と。
でもそれだけっていうのも不安だから、乾燥しているのと半々にしてみた。
 エサがポップコーンとヤドカリフードなのは腐りにくいから。あまりケースをいじらずに放置て置けるためにね。

 何事も起きないといいけど、なんか・・・なんだかなー、不安。

 けど脱皮兆候に対応するべくレイアウトした、セパレート砂場は全く役に立ってないような。一度用を成さなかったからといってそれが無価値だとはいえないんだけどね。砂に潜って動かなくなったのなら効果は出るんだし・・・でも潜ってくれてないしなぁ、ウノは・・・むぅ。


 「果報は寝て待て」というけど、そんなに肝大きくないから、ときどき、ちょこっと観察する事にしよ。臆病なくらいでちょうどいいんだ、何せ相手は、いのち、なんだしね。

追記:ゆってる間にウノはそっこーで潜ってたり。やっぱ湿った方。前のレイアウトに何か問題があったのかなぁ・・・乾燥した砂だったから!?
and・・・ナノはウノがいなくなると、定番の流木上に移動して、寝てたり。なんてあからさまなんだ、キミって。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-08 17:12 | オカヤドカリ
ジルオールに再び闇落ち
 久々にジルオール話。今更に誰も読まなそうな記事だけど、いっか。日記だし。

 最近暇があるとちょくちょくミドリカワ書房のみんなのうた+α初回版を探してて。だって全曲DVD付きだよ?好きになってたときにはアマゾンとかのネットだと売り切れてて、店頭に頼るしかなくて。でも根がのんびりなので「CD売ってそうな店があったら探す」程度なんだけど。
欲しい気持ちはホントなんだけどねー。メジャーデビューアルバム(だったよね?)だけあって、通常版もどこにもおいてな・・・。普段なら特典とかそゆのは気にしない人なんだけどねー・・・。


 そんなわけで今日も今日とて帰り道にぶらぶらしてたんだけど。コミックコーナーでジルオールの4コマカーニバル3巻発見。よ、よまなくてはーっ。

 あいかわらず面白いっ。1巻の頃はインフィニット発売前だから微妙なとこもあったけど、2巻あたりから書いてる人の入り込み方が楽しすぎる。「あるあるそれ」「わ、わかるー」「確かに謎過ぎっ」とかいいながら読んでまったり。4コマ×好きなゲームだともう・・・。ツボ。
 ああっでも一気に全部は読んだらもったいない。やっぱゲームしつつ、合間にすこしづつ読むのが至福だよね。お菓子はそれだけじゃなくて、TVみながらがベストだと思わない?いっしょだね、これも(たぶん)。


 ジルオールはボクの2005年のベストRPG。未だ情熱醒めやらぬー、て感じ。フリーシナリオRPGで好きな人と好きに旅が出来て、その行動で歴史までばんばん変わってちゃって、旅出来る登場人物の数も半端ないし、それだけいても個別にエピソードがバンバンあるっていうのが楽しすぎる。歴史の狭間で死んでいく人を死なさない事も可能だし、敵のあの人を味方に!もできるし、むしろそっち側につく!なんてこともできて、フリーシナリオRPGの名に恥じない自由さ。かといって物語が薄くないし(むしろ濃いくらい)。

 ちょうど今日、どこいつのジュンも部屋を旅立ってしまって(TxT)一区切りついた事だし、久々に始めて見る事に。ボクの記憶力のなさが幸いして、結構忘れてるからまた楽しめるはずっ。

 さすがに4周目(3周目は放置中なのは内緒)なので始まりの地スタート、といいたいとこだけど、穏やかな田舎町スタートで。いつもいつもレムオン兄と如何に関わるか、ばかりに注力してきたので^^;いつもロストール勢。今回ははじめてディンガル帝国側についてみよっかな、と。ごめんね、レム兄、今度は多分闇落ちしていただきます・・・。どの展開でもナッジが一緒なのは腐れ縁てゆーか、なんなんだろ@@;。でも田舎町スタートだとヴァンの駄洒落を序盤から聞かなきゃなんないのがちょっと辛いかも;;

 てゆかいい加減攻略本かおうかなぁ、この前完全攻略なの出てたしなぁ。んーでも、知らない事は知らないまま、気づかない事は気づかないまま悩んで進むのが物語を楽しむ醍醐味だよね?

そんなわけで。しばらく書きながらプレイしてみよ。後で足跡辿るためにも。
でもー、モンハンPしつつだし、来月半ばにもモンハン2でるし、あんまりゆっくりもしてられないけどねー。・・・でも多分ゆっくりするんだろうなぁ、ボクの事だし^^;。
[PR]
# by twinkle_spica | 2006-01-06 23:24 | ゲーム